決められた限度額の増枠とそれに関わる様々な要素

キャッシングには、必ず限度額があります。借りる上での、実質的な上限です。したがって上限を超える金額では、原則として融資は困難になります。

ですがある程度期間が経過しますと、増額できるケースも多いです。ただし増枠するとなると、改めて確認も行われます。

1.最大金額とそれに関わる年収

まず限度額とは、借りられる金額の最大値を指します。したがって限度が40万と決定されたら、37や40万などの融資は可能です。しかし41や50などの金額では、難しい訳です。

基本的には年収に左右される事になり、33%という縛りがあります。年収200万の方なら、3割は60になりますので、限度額も60万になる訳です。

2.決定された枠を増やす事も可能

では一度40万と決定されたら、ずっとそれが適用されるかと言われれば、そうとも言えません。一旦それで決まっても、状況に応じて変化するルールになるからです。いわゆる増枠です。

上記のように40万になっても、50万や60万などと枠が拡大する事もあります。それで枠の拡大率に関わる要素も幾つかあって、

・昇給
・遅延有無
・利用会社

これらは全て増枠を左右する要素です。

3.年収に伴う増枠

例えば上記1点目ですが、そもそも人々の年収は変化する事があります。会社で仕事の頑張りぶりを高く評価されて、給料が上がる事もあるでしょう。

それで上記でも触れた通り、借りられる最大値は年収に左右されます。したがって200万から250万に昇給すれば、60万から75万に拡大できる事もあります。もちろん枠を拡大したいと思うなら、金融会社による審査が行われます。

4.実績優秀だと増額される

それと実績を積み上げると、枠が拡大する傾向があります。金融会社では、随時利用者の実績をチェックしています。

新規申込をしてから1年くらいほど経過すると、たいてい履歴をチェックされる訳です。それで遅延もなく優秀だと判断された方々は、自動的に枠が拡大する事もあります。

5.銀行などは枠が拡大しやすい

また金融会社という要素も軽視できません。一般的には、銀行の方が増枠に関する成功率は高めな傾向があります。

賃金業者などでは、最近では少々難しい事もある訳です。したがって増枠を検討中なら、銀行で申込をするのも一法でしょう。

信用が最も大切

このように一度決められた額は、状況によって変化してきます。上記で述べたような様々な要素が関わってきますが、とりわけ実績が重要です。

やはり金融会社としては、信用できる方々に対しては、枠を拡大してくれる事も多いからです。多くの資金調達が見込まれる時は、実績を積み上げて行くと良いでしょう。

関西にあるフクホーにはどういう特徴があるか

関西地域には、中小規模の賃金業者が沢山あります。その中の1つにフクホーがありますが、大阪地域ではかなり有名な賃金業者です。そこはキャッシングを取り扱っていますが、かなり独特な商品と言えます。他社で難しい時には、検討すると良いでしょう。

1.フクホーはどういう会社か

フクホーは、関西にある賃金業者の中でもかなり歴史が長いですね。1,970年代に設立された業者ですから、既に40年以上もの歴史がある会社です。老舗と言えるでしょう。

知名度もかなり高く、大阪にお住まいの方々の間では有名です。それでフクホーによるキャッシングには、主に次のような特長があります。

・全国に対応
・スピーディー
・審査基準が独特

2.どこでも利用できる

まずフクホーは、地域に関する特長があるのです。フクホーは決して大きな会社ではありません。少なくともメガバンクと比べれば、中堅規模の会社と言えるでしょう。

そういった会社から借りるとなると、地域がかなり限定される事があります。関西にお住まいの方々でないと、借りるのが難しい会社も数多いです。

しかしフクホーは、他地域でも問題はありません。一旦審査に通れば、日本全国どこでも借りれる訳です。

3.速やかに手続きを行ってくれる

またこの賃金業者は、手続きがとても早いです。上記でも触れたメガバンクは、融資が実行されるまでにかなり時間を要してしまう事もあります。

銀行などは、手続きが長引く事も多いですね。しかしフクホーなら、最短即日で借りられる事も多々あります。急ぎでお金を調達したいと思うなら、検討してみると良いでしょう。

4.独自の基準で審査を行う

それでこの賃金業者の一番の特徴は、審査です。他社でお断りになった方々でも、借りれるケースが多々あります。一般的にキャッシングは、他社で断られた方々は難しい傾向があります。

金融業界における情報共有システムの兼ね合いがあり、情報が伝わってしまうからです。しかしフクホーなら、借りられるケースも多いのです。債務整理を行った方々でも、問題なく借りれる事例もある位です。

なぜならフクホーは、他社と異なる基準で審査を行っています。他社で断られたなら、フクホーに相談してみると良いでしょう。

審査や対応地域などは独特

結局フクホーは、他社と比べてかなり独特な賃金業者と言えます。特に審査に関わる事柄は、やはり特殊と考えて良いでしょう。そして、それがメリットでもあります。複雑な事情があるものの、急ぎでお金を調達したい時などは、検討してみると良いでしょう。

キャッシング申込で嘘を記載する事は控えるべき

キャッシングには、必ず「確認」があります。もちろん借りる為には申込をする事になりますが、様々な基準で確認をした結果、問題なければ借りられる訳です。逆に何か問題があると、お断りになってしまいます。特に「嘘」などは禁物です。

1.データ送付に関する嘘は禁物

借りる為に申込をする場合、もちろんデータ送付をする事になるでしょう。お勤め先や年数など、様々なデータを金融会社に送る事になります。

ところが人によっては、何とか確実に資金を捻出したいと思うあまり、嘘を付いてしまう事があるのです。それだけは避けた方が良いでしょう。

2.年数に関する虚偽記載

具体的に申し上げると、例えば年数に関する嘘があります。申込書には、お勤め年数を記載する欄があるでしょう。その表現通り、会社で勤め上げた年数になります。

それで例えば、申込をした方の勤務年数がせいぜい半年位だとしましょう。そういった年数ですと、正直審査には通りづらいです。

しかし何とか借りたいと思うので、申込者に1年や2年などと記載してしまう事があります。つまり嘘を書いてしまうのですね。

3.会社名に関する嘘

もちろん年数だけではありません。お勤め先に関しても同様です。やはりキャッシングでは、お勤め先情報は重要です。上場企業に在籍する方々などは、借りやすいのは事実ですね。

それゆえに人によっては、全く在籍していない会社の名前を書いてしまう事があります。上場企業で働いていないにもかかわらず、虚偽記載をするパターンですね。

4.嘘を書くと融資がお断りになる理由

他にも事例は色々考えられます。主に下記に関する嘘が考えられるでしょう。

・年数や会社名
・年収
・居住形態
・他社での状況

色々と嘘はあり得ますが、虚偽記載は大きなマイナスになってしまいます。そもそも金融会社としては、融資希望者の「信用」を重視するからです。

申込者に対して嘘を書いてしまうような方々は、やはり銀行としてもお付き合いが難しいでしょう。賃金業者も同様です。ちなみに金融関連の会社は、様々な手段によって事実確認を行っています。

虚偽記載は必ず発覚してしまいますから、申込書には事実だけを記載する必要があります。

正しい内容を書くべき

ちなみに嘘と言っても、軽微な程度なら許容される事はあります。年収は実際は300万なのに、310万と申込書に記載する嘘もあり得るでしょう。

その程度のレベルならば、審査に影響しない事もあります。年数なども同様です。しかしやはり嘘を付くことは、望ましくありません。

それで信用が大きく失われるリスクも大きいですから、正直なデータを書くのが望ましいでしょう。

フタバによるキャッシングと審査や対応に関する特徴

東京の岩本町という駅の少し南側には、フタバという会社があります。設立は昭和38年という、老舗の賃金業者です。

フタバはやや独特な賃金業者で、そこそこ借りやすい会社です。電話対応などは、比較的好評な会社ですね。

1.申込から契約までの流れ

まずフタバで借りる時の大まかな流れは、次の通りになります。

・申込フォームへの入力
・一次審査通過時のみフタバから連絡
・二次審査通過なら入金
・契約書の送付と返送

賃金業者としては、オーソドックスな流れと言えます。ただ4段階目のように紙媒体の契約書のやり取りが生じる会社は、最近では比較的珍しいですね。フタバの独特な点の1つです。

2.件数に関する特徴

そして冒頭でも触れた通り、フタバは比較的借りやすいです。まず他社の件数に関する特徴があります。この賃金業者の場合、最大3社までは検討可能だからです。

3社という数は、実は他社によるキャッシングと比べて少し多いですね。他社では最大2社までに限定される事が多いからです。

そこそこ多くの会社で借りていても、融資可能な事も多い訳です。しかしさすがに4社以上となると、少し難しいでしょう。

3.事故を起こしていると難しい

では金融事故はどうかと言うと、フタバでは少々厳しいです。過去には事故を起こした方々にも融資は行っていましたが、最近色々と方針も変更されました。

以前と比べると審査ハードルは少々高めなので、ブラックなどの方々は難しいでしょう。ただし主婦や年金受給者などは、特に問題ありません。

4.対応の良さと早さに関する特長

またフタバには、対応に関する特徴もあります。キャッシングを利用する方々は、電話対応はよくチェックしています。

会社によって対応の善し悪しも異なりますが、フタバに関しては良い評判が目立ちます。とても丁寧に対応してくれたので、好感を覚えた等の口コミも多いです。

また丁寧なだけでなく、基本的にはスピーディーに対応してくれます。基本的には即日で入金される会社なので、急いで資金を調達したい方々にはおすすめです。

借りやすさとスピードが特徴的

したがってフタバは、審査が特別通りやすい会社ではありません。ただ大手の会社と比べれば、それでも通りやすいですね。

他社3社から借りていても融資可能な事例があるのは、それなりに通りやすい事を証明しています。それに加えて手続きも早いですから、スピーディーかつ着実に借りたい方々にはおすすめです。

キャッシング申込で必要な具体的な書類

キャッシングで借りる際には、原則として書面を業者に提示する事になります。中には不要になる商品もありますが、たいていは提示が求められます。

具体的に求められる書類は、個々の状況によって異なってきます。自営業者などは、やや多彩な書類が求められる傾向があります。

1.身分証明書と住所に関する注意点

まず全ての方々に求められる書類は、身分証明書です。免許証やパスポートなどが該当しますが、保険証でも問題はありません。自営業者でもサラリーマンでも、それは確実に必要です。

ただ住所には注意が必要です。人によっては引越しなどに伴って、証明書に現住所が書かれていない事もあります。そういう時には、公共料金の証明書など別途で書類が必要な事があります。

2.金額次第では所得証明が必要

それで借りる金額によっては、さらに別の書類が必要なケースもあるのです。例えば、給料明細です。人によっては何か事情があって、まとまった金額で借りたい事もあるでしょう。

やや大きなお金を借りたい時などは、所得を証明する書類が必要です。ちなみに給料明細に限らず、確定申告書などでも問題はありません。また源泉徴収票なども有効です。

3.自営業者は何を提出する必要があるか

それと自営業者の場合は、身分証以外にも色々な書類が必要になる事が多いです。上記でも触れた確定申告書が求められるケースが一般的です。基本的には、去年分の申告書が必要ですね。

また青色申告書なども必要です。ただし青でなく白で納税手続きを行っている時には、収支内訳書が求められる事になります。

その他にも、現在の事業に関する許可証が求められる事も多いです。営業許可証などが、それに該当します。サラリーマンと違って、自営業者はかなり多彩な書類が求められる訳ですね。

4.何が必要かは状況次第

つまりキャッシングで提示する書類には、

・身分証
・収入証明
・公共料金の書類など
・納税に関する書類
・営業許可証など

こういった物があります。ただし全ての方々に対して、この書類が全部必要になる訳ではありません。当然サラリーマンなら、納税書類や営業許可証は不要でしょう。

また身分証記載の住所に問題がなければ、上記3点目の書類も不要です。利用する方々の状況によって、何が求められるかは大きく異なる訳です。

不明点がある時は問合せが無難

結局必要書類が何かは、それこそ申込者の状況に左右されるでしょう。もしも書面に関する不明点がある時には、金融会社に直接問い合わせをしてみるのが一番無難ですね。ただし、どういう状況でも身分証明書だけは必要書類と言えるでしょう。

複数項目をチェックされる審査と特に重要な基準

キャッシング申込をしますと、必ず確認が行われる事になります。申込時にはデータを送付する事になりますが、銀行や賃金業者などは、受け取ったデータを確認する訳です。

確認をした結果、所定基準を満たした方々なら、借りる事ができます。いわゆる審査です。

 

1.重視される基準は何か

では具体的にどういう基準で確認をするかと言うと、非常に多彩です。各項目には、点数があります。総合点数が算出される事になり、社内基準を満たした方なら借りる事ができます。中でも点数が比較的高めなのが、年数と他社履歴に関わる項目です。

・勤めた年数
・住み続けた年数
・他社における遅延の有無
・受任の有無

こういった項目があります。具体的な点数などは、金融会社によって異なる状況です。

2.年数は長さが重視される

まず上記1点目と2点目ですが、そもそも会社でお勤めの年数も色々あるでしょう。勤めてから半年も経過していない新入社員の方々も居れば、既に10年以上勤めたベテランの方々など様々です。

もちろん住宅に住み続けた年数も、かなり多彩です。基本的には、年数は長い方が有利になります。上記のベテランの方は、やはり新入社員よりは借りやすいでしょう。

3.遅れの有無も確認される

それと上記3点目ですが、これは審査ではかなり重視される事になります。そもそも金融会社に申込をする方々は、全く初めてではありません。

会社Aに申込をする方が、以前に別の会社Bなどで借りている事例も多々あります。問題は、Bにて遅延が発生していたか否かです。当然キャッシングには期日がありますので、遅れた方々は不利になる傾向があります。

まずAがBの情報を確認できるかと言うと、金融業界の情報システムです。全業者が確認できるシステムがあって、他社情報も分かるからです。

4.受任した場合は難しい

また上記4点目で述べた受任とは、専門家に対する依頼です。上記のようにB社でお世話になった方々などは、支払いが難しい時に弁護士などに相談をする事があります。

それで最終的に弁護士が、案件を引き受ける事もあるのです。いわゆる受任です。一般的に受任を行った方々は、審査では少々難しい傾向があります。しかし受任になっても、ある程度年数が経過していれば借りれるケースもあります。

複数項目の合計点で決まる

このような点が審査で重視されますが、もちろんこの他にもあります。お勤め会社の規模や、他の会社での件数や住宅タイプなど様々な点が確認されます。

それら複数項目の点数を算出して、合計点が社内基準を満たした時に、審査に通る訳です。ちなみに社内審査に関する基準は、各会社によって色々異なります。

どんな基準で審査される?キャッシング利用審査について

借りたいときに無担保即日で融資が受けられるキャッシング。困ったときには頼もしい便利なサービスですが、だれでも簡単に借りられるわけではありません。

キャッシングを利用するためには消費者金融業者が行う審査に通過する必要があります。審査基準を満たせなければ当然利用することができませんが、審査基準は非公開となっており問い合わせても詳しいことは教えてもらえません。

いったいキャッシングの審査はどのような基準に基づいて行われているのでしょうか?今回は、キャッシング申し込み前に知っておきたい審査の基準について紹介します。

1.審査基準となる属性

キャッシング利用審査のポイントとなるのが「属性」です。属性とは個人に関する情報のことで年齢や勤務先、年収や借入状況などを総合的に判断して決定されます。

属性に問題がない人物であれば審査はスムーズに通過できますが、一点でも引っかかるポイントがあれば審査落ちしてしまう可能性があるので注意が必要です。

業者によっては属性の各項目を数値化し総合ポイントで判断している場合もあります。

信頼性が高く返済が滞る可能性が低いほどポイントが高く、収入が不安定だったり金融トラブルを起こした経歴があったりなど属性の信頼性が低いほどポイントが低くなります。

2.属性の信頼度評価の基準

属性の信頼度が高いほど審査を通過しやすく、融資限度額も高く設定されます。

基本的には確実に返済してくれるであろう人物ほど属性を高く評価されるため、安定性の高い人ほど属性に対する信頼度は高まります。

具体的に言うと同じ住所に長く住んでいる、ひとつの勤務先で長く働き続けている、家族を持っている、固定電話回線を引いている、というような属性は高評価されます。

引っ越しを繰り返して住所が何度も変わっている、転職を繰り返して仕事が長続きしない、雇用形態が不安定というような場合は属性に対する評価は低くなってしまいます。

3.定期収入は必須項目

どのような属性であるにせよ、キャッシング利用審査に通過するために最低限必要なのが定期収入です。定期収入は返済のための経済力を最も端的に表す数値であり、定期収入のない方はまず審査に通過することはできません。

定期的な収入さえあれば審査基準は通過できるので正社員でなくとも派遣やアルバイト、年金なども定期収入として扱われます。

年収が多いほど限度額が高額になり引くほど融資限度額は低く設定されます。

金融トラブル歴はNG

キャッシング利用審査で属性と並ぶもう一つの評価基準が「信用情報」です。
信用情報とは過去の金融サービスの利用記録であり、返済遅れなどトラブルを起こした経歴が残されている共有情報です。

過去7年以内にキャッシングの返済遅れや踏み倒し、自己破産などを起こした経歴のがある場合はその旨が信用情報に残されているため利用資格審査に通過することはできません。

キャッシングの審査基準は各業者によって細部が異なるためある業者では審査に落ちたものの別の業者では無事利用できた、というケースも少なくありません。

ただし、一度に複数の業者にキャッシング利用を申し込んでしまうと借金で大金を借り入れたまま返済されない可能性が高いと判断されてしまい、属性に問題がなくても審査に落ちてしまう確率が上がります。

キャシング利用申し込みは一度に一社までが原則です。

新規契約の通過率に関する公開データを確認して申込む

日常生活で生活資金に困る可能性は、色々と考えられます。困った時には業者から借りるという選択肢が浮上する訳ですが、問題はそれで無事に借りる事ができるか否かです。

せっかく借りる為の申込をしても、何かの事情でお断りになってしまえば、あまり意味がありません。

それで人々の中には、借りる事が可能かどうかが不安になっている方も見られますが、実は審査に関する通過率などは調査をする事はできます。

1.会社によって異なる審査の通りやすさ

そもそも審査に通過する確率は、それぞれの会社によって色々な違いが見られるのです。よく聞く話は、賃金業者と銀行との違いです。

どちらからもお金を借りる事は可能ですが、一般的には前者の方が有利と考えられています。しかも賃金業者も、また色々な所があります。

やはり借りやすい賃金業者と、そうでない所が見られる訳です。ですので着実に借りたいと思うなら、やはり借りやすい業者を選ぶことになるでしょう。

2.新規申込の通過率に関する公開データ

ところで一部の業者では、その借りる事ができる確率に関するデータを一般公開しているのです。というのも新規契約の確率に関わるデータが存在するのです。

全申込者の中で何%の方々が借りる事ができているか、客観的に示すデータがあるのです。

例えば新規契約率が40%台の業者の場合は、新規契約率が20%台の所よりは審査に通りやすいのです。

ちなみにそれは、たいていは各業者の会社概要などのページで確認をする事ができます。

3.全ての会社が通過率を示している訳ではない

ちなみにその新規契約率に関わるデータは、全ての業者が公開している訳でもありません。一般的には、規模が大きな会社などはそのようなデータを公開している傾向があります。

大手は情報の透明性などが色々求められるので、中小規模の金融会社に比べると、大手業者の方が審査通過率を調べやすい傾向があります。

4.40%を超えているかどうか

さらに審査の通りやすさを基準ですが、1つの目安としては40を超えているか否かです。

つまり20%台や30%台の通過率の業者よりは、40%以上の業者の方が、着実に借りれる傾向がある訳です。40という数字は1つの目安ではありますが、判断基準にはなるでしょう。

ちなみに大手の賃金業者の場合は、たいていは40%前後以上と明示されている状況です。

まずは通過率を調査して申し込む

何せせっかくお金を借りたいと思っても、審査落ちになってしまうのではとても悲しいです。時間の無駄になってしまいますし、他社への申込に支障をきたしてしまう可能性さえあります。

それよりは着実な会社の方が望ましいと思われます。まずは金融業者の新規契約の通過率を調査した上で、改めて申込をすると良いでしょう。