複数項目をチェックされる審査と特に重要な基準

キャッシング申込をしますと、必ず確認が行われる事になります。申込時にはデータを送付する事になりますが、銀行や賃金業者などは、受け取ったデータを確認する訳です。

確認をした結果、所定基準を満たした方々なら、借りる事ができます。いわゆる審査です。

 

1.重視される基準は何か

では具体的にどういう基準で確認をするかと言うと、非常に多彩です。各項目には、点数があります。総合点数が算出される事になり、社内基準を満たした方なら借りる事ができます。中でも点数が比較的高めなのが、年数と他社履歴に関わる項目です。

・勤めた年数
・住み続けた年数
・他社における遅延の有無
・受任の有無

こういった項目があります。具体的な点数などは、金融会社によって異なる状況です。

2.年数は長さが重視される

まず上記1点目と2点目ですが、そもそも会社でお勤めの年数も色々あるでしょう。勤めてから半年も経過していない新入社員の方々も居れば、既に10年以上勤めたベテランの方々など様々です。

もちろん住宅に住み続けた年数も、かなり多彩です。基本的には、年数は長い方が有利になります。上記のベテランの方は、やはり新入社員よりは借りやすいでしょう。

3.遅れの有無も確認される

それと上記3点目ですが、これは審査ではかなり重視される事になります。そもそも金融会社に申込をする方々は、全く初めてではありません。

会社Aに申込をする方が、以前に別の会社Bなどで借りている事例も多々あります。問題は、Bにて遅延が発生していたか否かです。当然キャッシングには期日がありますので、遅れた方々は不利になる傾向があります。

まずAがBの情報を確認できるかと言うと、金融業界の情報システムです。全業者が確認できるシステムがあって、他社情報も分かるからです。

4.受任した場合は難しい

また上記4点目で述べた受任とは、専門家に対する依頼です。上記のようにB社でお世話になった方々などは、支払いが難しい時に弁護士などに相談をする事があります。

それで最終的に弁護士が、案件を引き受ける事もあるのです。いわゆる受任です。一般的に受任を行った方々は、審査では少々難しい傾向があります。しかし受任になっても、ある程度年数が経過していれば借りれるケースもあります。

複数項目の合計点で決まる

このような点が審査で重視されますが、もちろんこの他にもあります。お勤め会社の規模や、他の会社での件数や住宅タイプなど様々な点が確認されます。

それら複数項目の点数を算出して、合計点が社内基準を満たした時に、審査に通る訳です。ちなみに社内審査に関する基準は、各会社によって色々異なります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です